キャッシングの基本

巷にはキャッシングサービスがいろいろと提供されています。
無人契約機の店舗が近くにあるとか、コンビニのATMで利用できるキャッシングサービスなどもあって、私たちの日常生活の中でも身近にある存在です。
キャッシングとはそもそも現金の小口融資のサービスをさします。


通常借金をする時には申し込みをして、その都度契約書を交わして融資を受ける必要があります。
しかしキャッシングのいい所は審査をクリアするとカードが発行されます。
利用限度額の範囲内であれば、そのキャッシング会社のATMや提携しているATMを利用して借入ができるのです。
契約書を交わさなくても、気軽に借り入れできるとあって、若者中心に人気があります。


消費者金融をはじめとして、審査を行う際にコンピューターを使った機械の自動審査を導入している所は多いです。
このため一昔前と比較するとスピーディに審査結果が通知されるようになりました。
即日審査結果の通知はもちろんのこと、一定の時間内に申し込み手続きを完了させれば、即日融資に対応している所も出てきているくらいです。
急な出費で持ち合わせが足りないという緊急事態の時にキャッシングサービスがあれば、かなり重宝します。


カードローンとキャッシングは今では同じ意味のように使われますが、厳密にいうと異なります。
カードローンの場合複数回に分割して返済が可能です。
キャッシングでも分割返済を認めているものも多いですが、基本的には一括返済するのがルールです。


Copyright © 2014 キャッシングの意味と歴史 All Rights Reserved.